緘黙の儀礼も直に終わる
───
クリストの呪縛か
あるいは、致命的な郷愁なのか
 
   ─── 詩集「クリスマスローズ」より