たき火



窓のガラス越しに、一瞬
粉雪が
舞いあがった
あのジョウビタキは
いま、どこを
飛んでいるだろう

ぼくのたき火に
近寄ってきたジョウビタキ
しばらく
暖をとるように、
ふっくらとした褐色の羽毛と
ほのかなオレンジ色の尾を
ふるわせていた

ジョウビタキは、
ちいさく華奢なくせに
みな単独行動で、
群れているのをみたことがない

いつか、また逢おう
冬の日に

















| Tate | Yoko |