うた



だれかのうたう声がする  

群青の沖へおよぐ、
ぼくの体に 
何ものかが、血のにおいのようなものをしみ込ませた

ことばもなく 旋律メロディもないこの夢のなかで
彼方へと遠ざかってゆく、
その背に向けて
声を合わせ 一心にうたい、
いのるように呼ぶが
決して、ふりかえることはない

驟雨スコール
こみあげる発作のような郷愁が、ぼくに襲いかかる


| Tate | Yoko |